検索
  • 小田木 友依(PA東京)

もう慌てない!「我が子へのクレームをチャンスに変える対処法」

[人気記事best6]

●子育てを頑張っている人ほど

 陥りやすいワナ

https://bit.ly/2KBGrM7


●夫婦で子育ての意見が合わない!

 対処策5ステップ

https://bit.ly/3bSCQpf


●何よりも高めるべきは自己肯定感!

https://bit.ly/2VUaUu0


●親がガミガミをやめれば

 子どもはグングンのびる!

https://bit.ly/2KFS6cI


●賢い叱り方のコツ

https://bit.ly/3cUCxdh


●男女別・褒め方のポイント

https://bit.ly/2yOkLtu



こんにちは!

指示出し子育てから

探究する子育てへ

”高め合う家族になる”

ペアレンツアカデミー東京の

小田木 友依です。

6月からスタートした「STIラボ」※

の受講生さんからの嬉しい報告

ご紹介します。

(※個性をいかし自信をつける

 ”AI時代の子育てバイブル”を

 習得するオンライン講座)

以下、

▼受講生の声を再現▼ です。

「長男(小4)の学校でのトラブルで、

 先生から電話がかかってきました。

 『息子に話を聞いてみます。』

 と、電話を切った後。

『どう対処しよう。。』と

 最初はおろおろし、

 すぐに、ゆいさん(小田木)に

 相談しようと思ったのですが、

 『まてよ。これまでGDサロン※や

  STIラボで学んできたコトを実践

して対処してみよう!』

 と思い直し、いつもゆいさんが

 言っていることを思い出しながら

 子どもと話しました。

 そうしたら、効果テキメン!!!

 『すごく嫌な気持ちになる出来事で

  悲しかったし辛い思いをしたけど、

ママが僕を信じてくれて

気持ちをわかってくれてすごく

スッキリしたし嬉しい(^ ^)

 と、息子が言ったんです!

 それが、本当に嬉しく

 『気持ちに寄り添うって本当に

  大切で、いつも子どもの味方

  いてあげるってこういうことなんだ。』

 と、実感できて。

GDの大切さSTIメソッドの効果

 すばらしさがわかりました!!

 ありがとうございます!」

(※GDサロン

  =ゴールデンダイアリー講座の

  受講生グループ)

▲ココまで▲

この言葉を聞いて、

本当に嬉しかったです!

私がペアレンツアカデミー東京を

立ち上げたのも、

日々みなさんに講座や

メルマガ・ブログを

通してお伝えしているのも、

子育てする中で

「よっしゃー!!」

という手応えや喜び

いっぱい感じて、

子育ての楽しさを味わって

ほしいからなので。


お子さんのことでクレームの

電話を学校やママ友から受けたことが

ある人はもちろんのこと、

そういう経験がない人も、

この受講生は

「一体どういう対応をしたの??」

と気になると思います。

彼女が実践したのは

『我が子へのクレームを

 チャンスに変える対処法』

です。

クレームはさまざま。

どんなトラブルがおきて

我が子がどう関わって連絡が

きたかはそれぞれのケースに

より違いますが、

親がするべき対処の基本

同じです。

まず、先方(学校・親)の話を

 聞いて整理する。

 この時、一方的な事実しかわからない

 ので、「聞く」ことに徹し、


 自分の子を加害者だと決めつけない

 ことがポイント(無駄な謝りは無用!)


②「うちの子に確認してみます」

 と、①の電話や会話を一旦終了。


③子どもに事実確認する。

 この時も、

 「あなたがやったんでしょ!」とか

 「謝りなさい!」という

 スタンスではなく、

子どもの話をしっかり聞いて

 我が子側の「事実」を整理する。

 話しやすい雰囲気を作り、

 「何があったの?」

 と、ニュートラルなかたちで

 質問を切り出す。

 しっかりと子どもの話を聞き、

 「なるほどね。」

 「そんなことがあったんだ。」

 「それは嫌な気持ちだったね。」

 と、子どもの気持ちに寄り添い

「その時どんな気持ちになった?」

 と、気持ちを吐き出させ

 頭の中を整理してあげるのがポイント。


④クレームをうけた先

(学校・親)に家での確認状況を報告

「○○ということでしたので、

 親子で話し合い、▲▲しました。」

 というような形で。

以上です。


明らかにツジツマが合わなく、

「うちの子に非がある」という

場合はその対処が必要なのと、

人を傷つけたり、物を壊したり

している場合には相応の対処と

謝罪が必要ですが、

基本的には、「子どもの味方」

であって、子どもを守るスタンス

いることがとても大事!

一番味方でいてほしい

ママ(パパ)が

味方をしてくれた!

という喜びは、揺るぎない安心感

信頼感を与え、親子の絆を深めます。

なによりも、心強いですよね!!

「何があっても、私はあなたの味方!」

というスタンスを常に貫き、

お子さんに伝えてください♪

この話が、みなさんの

お役にたてれば嬉しいです。

いつも読んでくださって

ありがとうございます(^^)


3分で怒り・イライラがスッキリ解消

”心と脳を同時に鍛える神習慣”

[ゴールデンダイアリー]

GDオンラインラボ受講生の

▼メッセージムービー▼

https://youtu.be/D5alhwaTUMw

小田木への質問・お悩みは

▼コチラ▼

宛先→info@patokyo.jp

件名→【悩み相談】

お気軽にメールください^_−☆

▼脱イライラ子育て!メルマガ登録▼

https://patokyo.jp

▼公式LINE登録▼

https://lin.ee/mDwlBjZ

▼オヤトークカフェ▼

https://www.facebook.com/groups/oyacafe/

▼Instagram▼

https://www.instagram.com/yuiodagi/

▼FaceBook▼

https://www.facebook.com/yui.odagi

Contact Us

© Copyright 2023 by Parents Academy Tokyo.