• 小田木 友依(PA東京)

子どもの やる気 スイッチ の押し方 3ステップ♪


”次世代リーダーを育てる親になる” Parents Academy Tokyo®︎主宰の

小田木 友依です。



2020年を決める1ヶ月が近づいて

きました!

※旧暦の11月は翌年を占う

 1ヶ月になるのだそうです。


 つまり!

11月27日(旧暦の11月1日)から

何をするかがとても大切!!!


親子で実りある1年にする為に


超短時間なのに質が高く

子も親もココロ潤う❤️

ゴールデンダイアリー


ぜひ家庭に取り入れてくださいね(^^)


GDラボ(略してみました)に

”お友達参加割引”

を作りました!!



お友達と一緒に参加すると更にお得♪

ご活用ください。



12月1日開催ラボはコチラ

https://bit.ly/2q7HE6Y

GD愛用者の声を追加しました!

さて、今日のテーマは


子どものやる気スイッチの押し方

です。



「うちの子やる気がない」



「全然意欲的にならない」



「いつもぼーっとしていて

 何を考えているかわからない」



「全然勉強しない」



そんなボヤキを良く聞きます。



何か目的があったり、



目標が定まったり、



あるいは、ソレが好きであれば

自然にやりますし、



やる気も自分で奮い立たせる

ものですが、



「ぼく、すべて大好き!」



「私、なんでもがんばっちゃう♪」



という子は極希で。



もしかしたら



”親に良い子と見られたくて

頑張っているのではないか”

疑惑があります( ̄▽ ̄)!



大人も、誰しもがそうですが、



興味のある/ない



やりたい/やりたくない



がありますよね?

例えば、


勉強をやろとしない 


のであれば、



それは、


やりたくない気持ちに


させる何者かが邪魔


しているわけです。



そこで、


やる気になれないことを


どうやる気にさせるか?


が親の課題となるわけですが、



一番の理想は



目標を定めて、子どもがそれに

向かって頑張るのを応援!



というスタイルです。



将来なにになりたいか?


という大きな目的の部分から

落とし込んでもいいですし、



テストで何点とりたいか?


という目標でもいいと思います。


一方で、、、



「うちの子、大きなコトを

口では言うけれど、

実際はやらないんですよね。」



「いやいや、目的も目標もなにも

 ソレ以前の問題です(*`へ´*)」



という場合には、


脳に働きかける方法


オススメします。



▼3ステップ▼


1. 身体を動かす


2. やるべきコトを書き出す


3.    今やれるコトからやる


解説します。


1. 身体を動かす


 →身体を動かすと脳が活性化

  することは科学的に証明されて

  います。


  机にかじりついて頭を

  働かせようとしたところで

  働かない! 


  というわけです。



  頭を働かせたかったら

  まず、身体を動かせ!



  です。



2. やるべきコトを書き出す


 →”勉強をする!”

  というのは、一見具体的な

  コトのようで、実は超抽象的。


  壮大なテーマです!笑



  子どもとしても、


  「一体何をすればいいわけ?」


  と、不安を感じている場合


  多いと思います。



  そこで、やるコトを書き出して

  見える化しましょう。



3.    今やれるコトからやる


 →具体的に

 (例えば何を何ページ のレベル)

  書き出したなら、


  今から何をするか

  を決めます。



  そして、それをやる!



以上♪


子どもの場合、

経験値が低いので



やる気がない


やらない



のではなく、



やり方を知らない


何をやればよいかわからない



という場合が多いと思います。



1人で机にむかって

勉強するコトって実は

とっても孤独な作業ですしね。



なので、その辺りを察知し、

親が上手にサポートして

あげる必要があると思います。



脳にはたらきかける3ステップ


ぜひお試しください♪



この話が子育ての

お役にたてれば嬉しいです。

Contact Us

© Copyright 2023 by Parents Academy Tokyo.