• 小田木 友依(PA東京)

子どもを本嫌いにする親のNGパターンまとめ

[人気記事best6]


●子育てを頑張っている人ほど

 陥りやすいワナ

https://bit.ly/2KBGrM7


●夫婦で子育ての意見が合わない!

 対処策5ステップ

https://bit.ly/3bSCQpf


●何よりも高めるべきは自己肯定感!

https://bit.ly/2VUaUu0


●親がガミガミをやめれば

 子どもはグングンのびる!

https://bit.ly/2KFS6cI


●賢い叱り方のコツ

https://bit.ly/3cUCxdh


●男女別・褒め方のポイント

https://bit.ly/2yOkLtu

こんにちは!

ワクワクな新しい子育てを♫


”子どもがイキイキ グングン”

伸びる家庭教育クリエイター


ペアレンツアカデミー東京の

小田木 友依です。

「絵本の読み聞かせは

 たくさんした方がいい」


「読書好きな子にするといい」

昔から言われてきていること

ですね!



絵本の読み聞かせは

情緒面(心や感情)の発達に

高い効果があることが

科学的に証明されています。

絵本の内容そのものや

絵と話を結び付けて

心が動かされたり、

あたたかい世界に浸り

優しい気持ちを学ぶ

といった学習面の効果

はもちろんのこと。

「ママが自分のために時間を

 さいてくれた」


「一緒に絵本を読んでいる」


「ママとすごす特別な時間」


というように、


ママの愛情を確認したり

心を通わせたり、

安心感を得たり。


という、

情緒面の発達に

欠かせない効果も得られます。

読み聞かせというと、

こどもが自分で本を読める

ようになるまで、


親が”かわりに”読んであげる

イメージをもっている人は

多いかもしれないですが、


前述のように、


読み聞かせには

本を読むこと以外の

絶大な効果があるので


子どもが求めるのであれば

何歳になっても

読みきかせをすると

いいですよ♪

子どもは「特別な時間」で

「特別なもの」を

受けとれるので!



”読みきかせ” にしても

”読書” にしても


親として知っておきたい

『大前提』があります。

それは、

『とにかく楽しく!』


『学習と結び付けない!』


です。

せっかくなら、


学習効果をUPさせるよう

働きかけたい!


本を活用したい!

と、


親としては欲張りがち

ですが、これはNG

子どもを本嫌いへと誘い

かねないので要注意です。

ほかにも親のNGパターンが

あるのでお伝えしますね♪


題して。

[子どもを本嫌いにする

 NGな親パターン集」

<NGな親①>

読む本は親が選ぶ


課題図書とか推薦図書を

読むことを強制したり


子どもが全く興味のない本を

「この本、学びがいっぱい

 だから」

と、

読み聞かせたりしている人。


いますぐにやめましょう!

本は子どもが読みたい本を!

<NGな親②>

本の感想を強要する


「どんなお話だった?」


「どう思った?」


「何を感じた?」


それを聞いて、どうする?w

子どもなりになにかしら

感じたり、考えたり

しているのでご安心を!

自分の世界に浸らせて

あげることがとても大切。

強要すると、

読書=感想をいわされるもの


となり、


楽しくなくなって

しまう危険あり。

子どもが自発的に言う場合は

聞いてあげてね♪

<NGな親③>

学び・知識を一方的に

インプットする


本の内容と結び付けて

「そういえば、

 アレは知ってる?」


「これはなんの時使うか

 わかる?これはね・・」


と、

親が一方的に知識を

インプットしていくのは

やめた方がいいよ!

子どもが質問してきたり、

興味をもっている時以外は

効果ないので注意!

<NGな親④>

嫌がるのに無理矢理

”読みきかせ” ”読書”


読みきかせがいい。

読書がいい。


とはいえ、


”無理矢理” やっても

効果なしということには

薄々気づいているはず。

読書・読みきかせの大前提

『とにかく楽しく!』

本当に大切。

強制したり、

無理強いすることではないので

「楽しい時間」を味わってね♪

<NGな親⑤>

親への感謝を求める


忙しい時間を割いて

読みきかせをしていると

ありがちなのが、

「せっかく貴重な時間を

 割いて読んであげてるのに!」


という親の思い。


わかります!


たしかに。

ママ・パパは

忙しい中で頑張ってる!

でもね。子どもからすると

恩着せがましいだけかも。。

「読んであげてる」

ではなく、


「一緒に楽しい時間を

 過ごせてる」

と、


発想の転換をして、

今しか味わえない

かけがえのない時間を

満喫してね♪

以上!



楽しむことは学習効果を

最大にUPする大切な要素

親子で読書を楽しもう!


この話が、みなさんの

子育てのヒントになれば嬉しいです。

いつも読んでいただき

ありがとうございます(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


発達障害についての

相談・お勉強・支援グループ をつくったよ♫


誰でも参加OK(無料)!

活用してね^_−☆

発達凸凹ちゃんラボ▼

https://bit.ly/3odAPKN


※プライベートグループ

 なので安心♪


問い合わせ

info@patokyo.jp


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


脱!イライラ子育て de

子ども グングン!


イライラ・モヤモヤ スッキリ!

      ➕

子育ての "つまずき" を解決!

      ➕

伸びる家庭のベースが手に入る♫

      ⇩⇩⇩

コロナ時代の子育て指針

[グングン通信講座]

https://youtu.be/KiAmoh7SQ7M

10月満員御礼

次期受付は決まり次第

ご連絡します!

グングン通信講座で手に入る!

「ゴールデンダイアリー」

がすごい!

▼詳しくはココ▼

https://youtu.be/PIl3XIwZM_Q


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


You Tubeチャンネル

[ペアレンツTV]


https://youtu.be/iNnY47q-ul4


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

小田木への質問・相談は

▼コチラ▼


宛先→info@patokyo.jp

件名→【悩み相談】


お気軽にメールください^_−☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

即役立つ!

[伸びる家庭の親テク満載NEWS]

▼メルマガ登録▼

https://patokyo.jp


▼公式LINE登録▼

https://lin.ee/mDwlBjZ

▼オヤトークカフェ▼

https://www.facebook.com/groups/oyacafe/


▼Instagram▼

https://www.instagram.com/yuiodagi/


▼FaceBook▼

https://www.facebook.com/yui.odagi


Contact Us

© Copyright 2023 by Parents Academy Tokyo.