検索
  • 小田木 友依(PA東京)

男の子・女の子 それぞれの褒め方のポイント


”世界と渡り合える子を育てる親になろう♪” Parents Academy Tokyo®︎ 主宰の

小田木 友依です。



今回のテーマは


男女別 褒め方のポイント


です。


男の子と女の子は全く別の

生き物と言ってしまっても

いいくらい全然違います。



「お姉ちゃんは何も言わなくても

 漢字で苦労しなかったのに

 弟は・・・(T . T)」



というような、


出来の良い姉と

いつまでも幼い弟に嘆く母の

叫びをよく聞きますが、



私はこれを聞くと、



「うん♪ 正常に育ってるね!」



と、思います。



なぜなら、男の子と女の子は

脳が全然違うから!!!



基本的に女子はまんべんなく

なんでもそつなくこなせ

ますが、



男子は、不器用で

一極集中型でマイペースです。


(※ただし、個人差はあります)



しつこいようですが、


これは、脳が違うから!



得意とする分野が

全く異なります。



だから、悩んでも仕方が

ないわけです。



犬と猫の違いについて

悩む人っていないと思いますが


感覚的に言うとそれくらい

違います。笑

なので、男女を比べて

どうこう思うのではなく、


それぞれにとってベストな

アプローチの仕方を知って


無駄なストレスのない子育て

めざしましょう♪



男女の特徴としては、


女の子は自己評価が低く

なりがちです。



一方、男の子は実際よりも

自分の力を高く評価する傾向が

あります。



テストの点数を例にした場合、


女の子は高得点でも

自分の力に自信がもてない

のに対し、



男の子はそれほど良い点数じゃ

なくても、「俺ってすごい!」

と思います。



男女でこのような傾向の違いが

あるので、褒め方は変える

必要があります。



女の子


励ます。そして自信をつけさせる



男の子


現実を認識させる。

更なる向上に向けて挑戦させる



が、ポイント。


<女の子の褒め方例>


「しっかり漢字練習したから

 高い点数がとれたんだね♪


 いつも頑張っててすごい!

 なかかできることじゃないもんね。」




<男の子の褒め方例>


「良い点がとれてよかったね。

 毎日練習するようにしたら


 もっと高い点がとれちゃいそうだね♪

 いつも応援してるよ!」



男女別のポイントを抑えながら

例を参考に我が子オリジナルに

アレンジしてみてください。




褒める時の注意点

があります!



✳︎子どもがとった行動や

 頑張った過程を認める



✳︎具体的に伝えてあげる



✳︎誰かと比べるのはNG!!



比べるなら、


過去の我が子と現在の我が子を

比べてください♪



男女別のポイントを抑えて、

より効果のある褒め方を

心がけてみてください。



ちょっとした言い方の違いで

子どもの伸び方がグンと

違ってきます(^ ^)



この話が子育てのお役に

立てれば幸いです。


Contact Us

© Copyright 2023 by Parents Academy Tokyo.