• 小田木 友依(PA東京)

子どもの個性をのばす一言はコレ!



”次世代リーダーを育てる親になる” Parents Academy Tokyo®︎主宰の

小田木 友依です。


今日のテーマは


【子どもの個性を伸ばす一言】


です。

よくいただくご相談に



うちの子個性がなくて。」


好きなものとか熱中している

 ものがないのは問題ですか?」



というのがあります。



次世代で成功するのは、



誰にも負けない強み” 

を持った人。



キラリと光る個性があり、

そしてそれを伸ばして

強みにしている人。



”○○のことなら私に任せて!”

自信を持って言える人。



だと言われています。



誰にも負けない強み”を

持った人はどの時代に生きても、


強いだろうというのは簡単に

想像できるかと思いますが、



次世代は、現代よりも更に


”強み”を持った人と


”強み”を特に持たない人との差が


顕著になると言われています。

子どもの個性を伸ばし、

強みに気づかせてあげる

のは親の役目です。



子どもの個性を伸ばす為に


親は子どもの個性を尊重して


あげる必要があります。



親子といえど、

別の人格を持った人間なので、



時には理解に苦しむことも

あるかと思いますが、



子どもの言葉や行動を

否定するのではなく、

受け入れてあげてください。



受け入れる時のとっても便利な言葉


▼コレ▼



そういう考え方もあるんだね♪



です。



この言葉、騙されたと思って

使ってみてほしいです!



「なんだそれ?」


「いやいや、それは違うでしょ!」



と、子どもと話していて

思った時、まずは

使ってみてください。



そういう考え方もあるんだね♪



口に出して言ってみると、


不思議と、違いを


受け入れられる自分に


気づくと思います。



子どもは本当に素晴らしい力


持っていて、色々と知って

しまった大人からすると


想像もつかないような、

突拍子もないことを言ったり


意味不明な行動

したりします。



そんな時、驚きと同時に


うちの子大丈夫?


という心配する気持ち

湧いてきて、



とっさにそれらの言動を

正すようなことを言って

しまうことがあると思います。



でも、ソレ!



見方を変えたり、捉え方を

変えたらお笑い芸人顔負けの

面白さだったりします♪



うちの子、面白い( ^ω^ )!」


天才かも?!」



そういうスタンスで子どもを見て、



子どもに関わっていると、



そういう考え方もあるんだね。



そういうことするタイプなんだ。



そんな風に考えてるのね。



と、



自然に子どもの”個性”を


認める言葉が溢れるように


なってきます。



すると、子どもはのびのびと


自分を発揮することができるので


自信を持って”自分”を表現する


ようになります。



日々のちょっとした親の


リアクションや言葉かけで


子どもは成長していきます。



ほんの少し気をつけるだけで


どんどん変化していきますので、


その変化を楽しんで

みてください(^^)



うちの子オリジナル!” な



面白い個性を発見したら



ソレを


どんどん伸ばして

あげてくださいね!



この話が、子育ての

お役にたてれば嬉しいです。

Contact Us

© Copyright 2023 by Parents Academy Tokyo.